けんしろうのブログ

初心者向アニソンDJ情報、DJ機材レビュー、雑記など。

DJオファー断られて、凄く感動した話

アニソンDJ

けんしろう DJ出演予定
【大阪】12/2(土夜) 関西ボカロ忘年会 ボカホリ討伐戦 [DJ]
【大阪】12/3(日夜) 宝塚オタ会 [DJ]
【大阪】12/9(土昼) アニソンディスコ 大阪 [DJ]
【大阪】12/? [DJ]
【大阪】1/? [DJ]
【大阪】2/? [DJ]
【大阪】3/? [DJ]

けんしろうです。毎度お騒がせしています。

「オファーが欲しい時に実践していること」という記事が1日で1,000人以上に読まれまして。

TwitterやFacebookでも様々な反応があり、

  • DJの腕前以外も必要だよね。人と人の関係なんだから。
  • DJの腕前以外は関係ない。自分が好きなことをやれたらそれでいい。

等、色んな意見がありました。

その反応を踏まえ、僕が何故DJの腕前以外にも力を入れるようになったのか?

そのキッカケについて、書きたいと思います。

僕がDJオファーを断られたときの話です。

 

はじまり

僕は以前、オールジャンルのアニソン系DJイベントではない、もっとジャンルを縛ったDJイベントを主催していました。

そのイベントは3ヶ月に1回くらいのペースで開催される、だいたい80~100人前後集まるイベントで、みなさんのおかげで大変盛況だったイベントでした。

熱烈なファンも多く、その期待に答えるために東京からもゲストを呼んだり、オリジナルの企画を考えたりと色々工夫を凝らしていました。

ある時、僕は一人のDJにゲストDJオファーをしました。

関西のアニクラを牽引するDJで、DJレベルも高く、魅力的なコスプレもされていて、とても1-2年の新参者主催である僕がオファーするのも気が引けるほど凄いDJでした。

でも、僕と同じジャンルのイベントに昔出演されたことを聞き、勇気を出してオファーしました。

「すいません、当イベントに出演いただきたいのですが、可能でしょうか?」

おそるおそるお伺いすると、「いいよー」とご快諾いただき、打ち合わせを進めていました。

 

一本の電話

そんなある日、

そのゲストDJから「今から電話大丈夫?」とLINEが飛んできました。

どきっときました。

「なぜ、電話なのだろう?」

そのゲストDJとは既にLINEを交換済。

要件があればLINEで済む。

もしかして、なにか僕はやらかしてしまったのではないか?

失礼なことをしたのではないか?

そう一気に不安になりました。

 

手が震え、おそるおそる「かしこまりました。」と返信。

連絡を待ちました。

死刑宣告を受ける前のような、そんな気持ちでした。

 

電話はスグにかかってきました。

「おつかれー今大丈夫?」

「はい!大丈夫です!」

…全然大丈夫ではない。

ずっと冷や汗をかいている状態。

なんだ?

何を言われるんだ?

怖い。

怖い!

 

 

 

「実は、次の出演、また今度にしてほしくて。」

そう言われた瞬間、いっきに血の気が引きました。

 

うわ最悪だ。

やってもうた。スケジュールが開いてることを確認した上でオファーして延期して欲しいというのは、何かあったんや・・・

何かやらかしたんや僕…

まだ開催まで3ヶ月あるから時間は大丈夫だけど…

それ以上に何故断られたのか、理由が怖い!

理由聞くの、超怖い!

「そうなんですか…」

力なく答える僕。

理由を聞けない。

怖い!

怖い!

僕はただただ、自分の無力を感じていました。

 

 

一瞬の静寂。

 

 

すると、向こうから

「オファーを受けといて申し訳ないのだけど、やっぱりね、しっかりとハマりたいんだ。」

と、照れた感じで伝えてきました。

 

 

聞くところによると、オファーを受けた後、ずっと考えていたらしく。

以前DJで出たことがあるジャンルのイベントとはいえ、ブランクがある。

「最高のDJ」をするためにも、もっとアニメを見たり、ゲームをする準備期間が欲しいなぁ。

コスプレもしたいし、やっぱりそのコスも作り込みたい。最高にしたい。

ということでした。

「やっぱりね、お客さんの前でDJするから、もっとハマって、しっかり準備したいんだー。だから時間がほしい。ゴメンね(´・ω・`)」

そういう事情でした。

 

僕は感動しました。

そこまでイベントやお客さんのことを考えて頂いているのか!と。

アニソンDJってすごいな!

愛にあふれているなぁ!

そう思いました。

「わかりました。その次の回必ずオファーします。僕も準備をします。」

そう伝えると

「ほんとゴメンねーよろしくー(*^^*)」

と明るい調子でお答え頂き、その日は終了しました。

 

そして3ヶ月がたち、再オファーしました。

「今度は、準備バッチシだよ!」と快くオファーを快諾いただきました。

イベントの魅せ方から、細かい打ち合わせを経て、DJイベント本番。

ドキドキの当日です。

 

当日

当日、ゲストDJさんが会場入りし、細かい調整を経て、顔合わせ完了。

「じゃぁちょっと着替えてくるねー」とゲストDJが着替えに行きました。

それから。

着替えてきたゲストDJが現れました。

それは完璧で。

ゲームのキャラクターのコスプレだったのですが、ゲーム画面からそのまま出てきたようなクオリティ。

圧巻でした。

「すげぇ、まじもんだ。」

その時点で、今日は最高の1日になる、と確信しました。

お客さんが入場してゲストDJを見るたび

「うわー最高(泣)」

「写真取ってください!」

と長蛇の列。

しかも、そのキャラクターのイメージどおりのポーズをする。

「キャラクターイメージを崩さないよう、よく研究されているなぁ」と驚きました。

そしてゲストDJの時間。

DJブースに上がれば、DJの顔。

DJは、更に最高でした!

最高にかっこよかった。

それはそうです。完璧なコスプレに最高のDJ。盛り上がらない訳がない。

「最高のDJするために、もっとハマりたいねん」

その言葉が何度もリピートしていました。

フロアは最高に盛り上がり、終わった後も興奮冷めず。

色んな人と写真をとったり、お話されたり、お客さんはみんな笑顔で楽しそうでした。

そこにはイベントのために、お客様のために、パーフェクトに合わせたゲストDJの姿がありました。

…僕はただ感動していました。

あぁ、素晴らしいイベントになったなぁ、と。

オファーして良かったなぁ、と。

 

そして今

あれから1年。

今でもこの時の事を思い出すと、胸が熱くなります。

僕は何よりも、まだ主催をはじめたばっかりの僕にわざわざ電話で連絡して、事情を話し、イベントとお客様のためにあらゆる準備をし、最高のDJをしていただいたこと。

その真摯な姿勢に、感動しました。

今でもあのときのこと、すごく感謝しています。

正直イベント主催は楽しいことだけではありません。色々準備したけど皆楽しんで頂けるかなとか、当日まで不安で苦しいことのほうが多いものです。

その不安の中で一緒に楽しいパーティーを作ってくれる人には、誰よりも感謝しています。

それ以上に細かい所に気遣いをいただき、丁寧に対応頂いたこと。

その人は、DJとしても素晴らしく、人間的魅力に溢れていた。

僕はこういう経験をしたからこそ、

DJの腕前だけでなく、人としても魅力的でありたいと思うようになりました。

こういう体験をすると、そういう自分になりたいなと思うんです。

 

楽しいパーティーを作るために全力でありたい。

あの人までのDJの腕と魅力になることは、まだ叶わないけど、でも目指したい。

DJとしても人間としても、最高の自分でありたい。

今でも心の底から、そう思っています。

まだまだですがw

 

 

僕はアニクラに出会って、本当に良かったと思います。

 

 - アニソンDJ

DJ関係の最新情報を発信中!
LINEフォローしてね!

友だち追加

スポンサーリンク

  関連記事

アニソンDJとは?現役DJが知らない人に説明します。

けんしろうです! 平日はお仕事、週末はアニソンDJをしています。 アニソンDJってどんなことをするのかご存じですか? DJとは、 …

アニクラに参加した感想は、翌日にアップしたほうがアクセス多い。

やっぱりというか、アニクラの感想レポートって翌日に上げたほうがアクセス増えます。 みんな当日の思い出を振り返りたい SPLASH …

アニソンDJにマンネリ化したときにやるべき3つの行動+1

長い間アニソンDJをやっていると、やはりマンネリ・飽きが出てくると思います。 お客さんからみると、月に一度聞くDJプレイ。でも出 …

けんしろう ミナトレイヴ主催
大阪のアニソンDJ
HAL大阪ゲーム学科卒
Web系の仕事
角川グループから出版
Amazon売上ランク1位2冠
県庁・デジハリ等講演多数
鹿児島県出身