宮野真守

【宮野真守】中年男を演じるマモ。スパイダーマン:スパイダーバースを見た感想。ネタバレ無し。

更新日:

LINE登録600人突破!LINEでなんでも質問しよう!

けんしろうです。

3/12、宮野真守が声優で出演している「スパイダーマン:スパイダーバース」を見に行きました。

宮野真守がピーター・パーカーの声を当てるということで、とても楽しみにしていました。

以前宮野真守が声を当てているファンタスティック・ビーストを見に行ったとき、間違えて字幕版のチケットを買ってしまい、泣く泣く2度見る羽目になったことがあります。

今回も未確認のままチケットを買ってしまったのですが、偶然吹替版で助かりました。

映画のあらすじ

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』公式サイト 2019年3月8日(金)全国ロードショー。一人じゃない。仲間がいる。この世界(ユニバース)には―。革新的なヴィジュアルのアニメーションとともに、フレッシュなスパイダーマン・ユニバースが誕生!

http://www.spider-verse.jp/

スパイダーマンは最初の三部作は全て見ましたが、アメイジング以降は全く見ていませんでした。

「なんか色んなパターンがあって、追いかけられないなー」と思ってやめたんですよね。

今回は宮野真守が声優で出演していると知って、それは絶対見ようと楽しみにしていました。

宮野真守の感想

結論から言うと、凄く良かったです。

今回ピーター・パーカーの吹き替えだったわけですが、このピーター・パーカーは少しお年を召した方(30代の中年?)らしく「いつも20代や高校生の声を当てるけど、実年齢でアニメでお芝居をすることがあまりない」と動画コメントでもありました↓

映画を見て、いつもの張り切った感じではなく、実年齢に近い演技だったと思いました。

ちゃんとおじさんの悲哀というものを感じさせつつ、それでもヒーローらしさはしっかりあるという。

今回ピーター・パーカーは、主人公のマイルスをリードする師弟関係になっていたわけですが、兄のような父親のような、包容力のある演技でした。

マモ成分やマモラートは感じられない感じでしたが、それでも僕は大好きな演技でした。

こうやって舞台挨拶を動画で見れるって、最高ですね…

映画の感想

映画も凄く面白かったですね。

沢山のスパイダーマンが出てくるのも面白かったし、みんな個性があるし。

アニメじゃないと出来ない表現が多数あって、どの映像もカッコいい!

映像美が凄くて、やばかった。

コメディの要素もあって、最後まで全く飽きなかったですね。

良質な映画だったと思います。

ただ、想像以上に映画館が空いててショックだったかな。

半分も埋まってませんでした。人気ないのかな…

まとめ

あと、この映画は序盤に有名な声優さんがピーター・パーカーの声をやっています。表に出てない情報だったのでビックリするかも。

そして、スタッフロール後にもちょっとした寸劇があります。これもマモファンは外せない内容。

ぜひ最後まで見て下さい。

ではでは~。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

けんしろう

アニソンDJブロガー。自作のアニソンDJ教材を100部以上販売する、ブログだけでDJ機材を1,000万円以上売るなど「アニクラ界のトップセールスマン」であり、現役のアニソンDJ。関西最大級の野外アニソン系DJパーティー「ミナトレイヴ」を主催。

-宮野真守

Copyright© けんしろうのブログ , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.