PR 機材レビュー

【レビュー】Made in TOHOKU の『OVO』スピーカー、試してみた!

更新日:

ブログ更新をお知らせ!登録すればLINEで質問もできます!

けんしろうです!今日はJDSoundさんから絶賛クラウドファンディング中のスピーカー、OVOをお借りしました!

音に包み込まれるスピーカー
映画やスポーツといった映像配信サービスが充実している中、皆さんはどのような環境でコンテンツの「音」を楽しんでいますか?PCやタブレットの内蔵スピーカーでは迫力のある音は期待できませんし、ワイヤレススピーカーはペアリングや充電が手間だったり、楽しんでいる最中に接続が切れてしまうなんて事もありますよね。

そんなお悩みを一気に解決する新しいポータブルスピーカーを開発致しました。その名も「OVO(オヴォ)」。OVOはポルトガル語で卵という意味です。音に包み込まれるスピーカー、コンテンツに没入できるスピーカーという意味を込めて命名致しました。

https://greenfunding.jp/lab/projects/2095/

せっかく実物をお借りしたので、クラウドファンディング(CF)ページに書かれていない細かいところをレビューしたいと思います!

CF支援をご検討されている方、最新のポータブルスピーカーに興味ある方は必見ですよ~!

※ この記事は 株式会社JDSound の提供でお送り致します。
※ ご提供頂いた製品はプロトタイプです

写真

今回はサンプル品ということで、シンプルな包装で届きました!

提供頂いたのは、OVO本体とUSBケーブル。これだけで動きます!

スピーカーだけ撮影。

前方からスピーカーがチラッと見えます。ズッシリ。

届いたサンプルは400gでした。

usb接続口。PC本体と繋げるだけ。電源ケーブルやACアダプタも必要ありません。

盗難防止用のケンジントンロック。

付属のUSBケーブル。

OVOの特長

さて、OVOの特徴について僕なりに解説します!

1.シンプルな構成

届いたのはスピーカー本体とUSBケーブルだけ。

PC本体にUSB一本で接続できるので、とてもシンプル。

充電式ではないので、充電ケーブルもありません。

Bluetoothスピーカーでよくあるペアリング作業なども無いので、中々繋がらないとかのトラブルは無さそうですね!

それにしても、電源ボタンも無いのは驚きました。挿してスグ使えるのは分かりやすくて良いですね!

2.接続が簡単!

macに接続し、メニューバーの音量アイコンから出力装置を選ぶだけで音が出ました!簡単!

操作はこれだけ!

win10も簡単!

Bluetoothのペアリングでスピーカーが見つかるのを待つ…というのが無くて良いですね。

外出先など電波が飛び交う場所で使うと中々つながらないので、有線のメリットは大きいです。

外に持ち出してパーティーで使うとき、無線スピーカーだと沢山のスマホや無線機器で混戦して不安定になりがち。そういうとき有線に利がありますね。(音楽って少し止まったりするだけでも気になりますからね。)

今までで一番、接続が簡単でした!

3.大迫力のサウンド

まずは聞いてもらいましょう!

曲はCyberDollsを使用させていただき、iPhone7で撮影しました。

まずはmac。

うーんいつもどおり!これはこれで好きな音ですが、もう少し音が強いほうが好きかな…。

続いてOVO。こちらはどうでしょうか?

明らかに音圧が上がっていますね!撮影カメラのiPhoneがスピーカーの振動で揺れています。それぐらい迫力のある音が出ています。

ポータブルスピーカーの場合、音量を最大にすると歪みを感じるのですが、OVOは特に感じられませんでした。かなり優秀だと思います。

またmac内蔵スピーカーと違い、好きな位置と角度に設置出来るのが良いですね。耳に向かって真っ直ぐ音が飛ぶように調整するだけでもかなり違うと思います。

4.アップデートされるスピーカー

本体裏面に謎のジョグダイヤル。

これは将来、ナイトモードや高音強調モードなどが選べる機能だそうです。

本体底面のジョグダイヤルによりLEDのオン・オフ、最大音量を制限するナイトモード、高齢者向けの高音強調モードなど利用シーンに応じた各種設定が可能です。なおこれらの機能は製品出荷後もファームウェアのアップデートで拡張していく予定です。

https://greenfunding.jp/lab/projects/2095/

アップデートされるスピーカーって珍しいですね!成長するスピーカー、良いと思います!

アニメを見る

早速dアニメストアでアニメを見ました。

感想としては、セリフを聞くなら爆音よりは音を絞って聞いたほうが没入感がありますね。

というのも、OVOの音圧が凄すぎて落ち着かないんですよね笑 車の音とか環境音とかがハッキリ聞こえてしまう。だからセリフだけに集中したいときは音を絞ったほうが良いなぁと。

音量を絞っても明瞭感があって、ちょっとした息づかいも感じ取れるのは、凄い。

もちろん、爆音で楽しみたい人は音量MAXでも十分楽しめます!

映画を見る

逆に爆音が向いているのは、アクションシーン多めのハリウッド映画などですね。

これは最大音量まで上げてドーン!と鳴らしたほうが良い感じです。低音が結構強めに出るので音でスピーカー本体が揺れてしまうので、タオルなど緩衝材を下に引いたほうが良いかも。もちろん、音を絞った状態でも楽しめます。

OVOでどんな映画を見るか、Youtubeでいろんな映画予告を流して決めても良いと思います。

個人的に、ホラー映画がオススメ。めちゃくちゃ怖くなりました!

まとめ

無電源でこれだけ迫力のある音が出せるというのは驚きです。

届いて直ぐに試聴しているので、自分の好きな音楽をガンガン流して長く使っていくと、更に良くなるかもですね!

OVOのクラウドファンディング、まだまだ実施していますので気になる方はぜひページをご覧ください!

もっと細かいスピーカーのスペックなど詳細をご覧いただけます。

USBにつなぐだけ!
映画館の感動を完全再現するポータブルスピーカー誕生
Made in TOHOKU『OVO』

ブログ更新をお知らせ!登録すればLINEで質問もできます!

-PR, 機材レビュー

Copyright© けんしろうのブログ , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.