けんしろうのブログ

アニソンDJ情報、DJ機材レビュー、雑記など。有料マガジン連載中。

「自分のDJとは?」と問いかけると、マジでしんどいので、辞めた。

けんしろう DJ出演予定
【大阪】8/? ? [DJ]
【大阪】8/13(日夜) 女性向アニソンDJ練習会 3回目
【大阪】8/20(日昼) をたまぜっ! 1周年 [DJ]
【大阪】8/26 or 27 MUSIC CIRCUS'17 [DJ]
【??】9/?(土夜) ?
【滋賀】9/3(日昼) さぶらぶ! vol.12
【大阪】9/17(日昼) FES2017 [DJ]
【大阪】9/? ? [DJ]
【大阪】10/? [DJ]
【大阪】10/7(土夜) 女性向アニクラ フルスピード! [DJ]
【大阪】10/? [DJ]
【大阪】11/? [DJ]
【大阪】12/? [DJ]
【大阪】12/? [DJ]

ちょっと前までは、「仕事のようなDJをする」とか「色がない」とか色々言われてきて、自分でも「自分のDJとはなんだろう?」と考えながら苦悩してきた。

ここに来て今の自分は、かなり自由にDJをしている。

正直、自分のDJとは?という問いを自分にし続けることに疲れた。

そんなものはいらない。

その場のパーティーが楽しくできれば、それでいい。

そう思えるようになったのは、本当につい最近だ。

色を求められる

SPONSORED LINK

DJには色を求められると思う。

特にアニソンDJの場合は「愛のあるDJ」という言葉がある。

自分が大好きで仕方がないアニメ作品の曲をかけ、心の底から盛り上がり、愛情を表現する。

そういうものが是とされてきた。

その逆が、愛の無いDJだ。

僕がDJをはじめたときは、「愛の無いDJ」と散々言われて来た。

いわく、盛り上がる曲しかかけない。こだわりが見えない等。

「この曲の後にその曲?なんで?」と言われることも多い。

その流れが読めなくて、今まで苦労してきた。

「アニメを見れば分かる」そう言われてアニメを見るが、やはりピンとこない。

色んな人に答えを聞いても、「自分で見つけるもの」という答えが多い。

「愛のあるDJ」なんと罪深いワードだろう。

随分と長く、長く、苦しんだ。

DJソフトの進化により、随分と楽にDJができるようになったと言われる。

その代わり、選曲や流れが良いか悪いか、その部分の議論がDJ同士で行われる。

だから、この「愛のあるDJ」という難題にぶち当たる人は、多いはずだ。

「自分のDJとは?」「愛のあるDJとは?」

これまでさんざん考え抜いてきた。

いろいろ試し、意見をもらい、やってきたが…

最終的に、僕は考えることをやめた。

まず目の前の出演に集中し、当日お客さんと会話し、こういう曲をかけたら喜ぶんじゃないか?それが違和感ないようにするには、こうやったらいいんじゃないか?それを続ける日々を過ごすことにした。

その成果は、少しずつ、出ていると思う。

この前ゲスト出演したときに、お客さんから言われた「推しのDJが推しのイベントに出る喜び」という言葉は、1つの救いだった。

たった一言で、救われる。

けんしろうさん、フロアが答えなんですよ。

色々僕もDJについて考えたり、話したりすることはあるけれども。

最終的に、出演してDJしてみないとわからないことが多いなぁと。

結局、フロアが盛り上がるかどうか。

その時の役割が「盛り上がること」じゃなかった場合、自分が与えられた時間に自分の役割を果たせたかどうか(ここは一旦、落ち着かせようと考えてDJをして、そのとおりになったのか。等)

自分の技量で貢献できたのか?その部分に集中するようになった。

以前、関西の老舗オーガナイザーから頂いた「けんしろうさん、フロアが答えなんですよ。」という言葉が今でも身に染みる。

DJ論など色々あるけれども、やってみない限りはわからない。

やってみる機会が来ない限り、自分が話していたことが結果どうなのかは分からない。

だから、腕を磨き続ける。

楽しいパーティーになれば、それでいい

SPONSORED LINK

かくして僕は「自分のDJとは?」「愛のあるDJとは?」という問いを辞めて、楽しいパーティーにするために、自分の技術を磨くことに集中することにした。

それはDJだけの技術で良いのか、他の要素も必要なのか?悩みは尽きないが、最初の頃の堂々巡りよりはマシな心理状態だ。

周りのDJと比べて「あぁ、俺は愛がないなぁ」と悩むこともない。

僕は僕、他は他。みんな違ってみんな良い。

楽しくやれたら良い。自由にやれたら良い。

そういう心理状態になって、随分と楽になった。

これからも、楽しいパーティーを。

ではでは。

追記

文脈・流れについて解説している記事があったので、貼っときます。

【J-POP DJの方法論】選曲における《繋がり》の生み出し方http://koboriakira.com/2015/11/26/2025/

 - けんしろうの日常

DJ関係の最新情報を発信中!
LINEフォローしてね!

友だち追加

スポンサーリンク

  関連記事

Twitterの炎上は「外野が絡むな!すっこんでろ!」でだいたい済む。

けんしろうです。 今日もどこかで炎上が起きるTwitter。 「人の不幸は蜜の味」な人にはほんと、堪らない魅力のツールでございま …

「喫煙できるライブハウス、未成年NG?」受動喫煙対策法案、来月成立か

けんしろうです。 今日この記事を見て、驚いた。 <受動喫煙>安倍首相「改正法案、今国会で」自民に提出指示 https://hea

「焦らず、ゆっくりじっくりやれ」の嘘。本音は違うのになぜそんなことをいう上司が多いのか?

よく社会人になりたての時、「焦らずゆっくりじっくりやれ」って先輩や社長に言われたことがありました。そしてその会社で後輩ができた時 …

けんしろう ミナトレイヴ主催
大阪のアニソンDJ
HAL大阪ゲーム学科卒
Web系の仕事
角川グループから出版
Amazon売上ランク1位2冠
県庁・デジハリ等講演多数
鹿児島県出身